1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. K100 名門の背番号1の重み 板川佳矢-愛甲猛 横浜

受け継ぐ者たち 1/7
K100 名門の背番号1の重み 板川佳矢-愛甲猛 横浜

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年7月2日(月) 02:00

昨夏の神奈川大会決勝で2連覇を果たし、ぴょんぴょん跳ねて喜びを爆発させる板川=横浜スタジアム
昨夏の神奈川大会決勝で2連覇を果たし、ぴょんぴょん跳ねて喜びを爆発させる板川=横浜スタジアム

昨夏の神奈川大会決勝で2連覇を果たし、ぴょんぴょん跳ねて喜びを爆発させる板川=横浜スタジアム
昨夏の神奈川大会決勝で2連覇を果たし、ぴょんぴょん跳ねて喜びを爆発させる板川=横浜スタジアム

 100回目の夏の栄冠をつかみ取るのはだれか-。第100回全国高校野球選手権神奈川大会の開幕まで1週間を切った。南北に分かれ、2校に与えられる甲子園切符を争う激戦が迫る。本紙連載「K100 神奈川高校野球」で紹介してきた偉大な先人たちが紡いできた伝統を受け継ぎ、最後の夏を迎える2000年度生まれの「ミレニアム世代」9人の思いに迫る。

 どんな窮地にも、動じない。大舞台をショーのように楽しんでみせる。類いまれな強心臓は、名門のエースナンバーを受け継ぐ者にふさわしい。

 「横浜高校の背番号1の重みは、ひしひしと感じている。そのプレッシャーを力に変え、とにかく圧倒して勝ちたい」

 あどけない表情とは裏腹に、横浜のエース板川佳矢は、最後の夏への思いを力強く言い放つ。

 名だたるスーパースターたちが背負ってきた番号は、日本全国の野球少年たちの憧れだが、栃木・野木中の軟式野球部でプレーしていた少年にとっては、全く違った。

 「野球で県外の高校に行けば、周りからちやほやされる。自分に箔(はく)を付けたかった」。そんな単純な理由で横浜への入学を決めた。

 プロ野球や高校野球にはまるで興味がなかった。1980年に日本一となった同じ左腕の愛甲猛(元ロッテ)、98年に甲子園春夏連覇を果たした松坂大輔(中日)ら、レジェンド級の大先輩の存在すら知らなかった。

 入学する前年の2015年に渡辺元智前監督が勇退。横浜の「1」の意味を感じることなく、1年秋にエースとなった。

「おまえは野球で有名になれ」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

K100に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング