1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. K100 最後に最高の夏を 磯子

公立の挑戦編 3/3
K100 最後に最高の夏を 磯子

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年7月1日(日) 02:00

このグラウンドでナイン全員が練習するのも今夏が最後だ
このグラウンドでナイン全員が練習するのも今夏が最後だ

 青い空の下に、泥だらけのユニホームが並ぶ。カキーンと打って、グラブを差し出して、ベースへ滑り込む。校舎からは夏のスタンドを彩るダンス部の、応援練習の音がうっすらと聞こえてくる。磯子の主将石田倫哉はいま、グラウンドで続いてきたこの何でもない「放課後の風景」が、とてつもなくいとしい。

 創部42年目の磯子にとって、100回目の記念大会が本当に最後の夏となるからだ。「自分たちの代で部の歴史が終わるのは、正直悲しい」。キャプテンの目にはもう、涙が浮かぶ。

 3年が入学する前の2015年、県から通達があった。県立高校改革により20年春に氷取沢と統合、18年度には新入生の募集も停止する-。当時就任2年目だった吉野哲也監督(52)は「何を言っても変わらないのかと思うと、無力感があった」。その年の夏は9年ぶりに初戦突破し、3回戦進出。まさにこれから、という時だった。

快進撃の再来

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング