1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. もう一つの夏物語

アナザーヒーロー編 1/3
もう一つの夏物語

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年6月26日(火) 02:00

県野球連盟審判部副部長・福住正美さん(左)、元県高野連理事長・名塚徹さん(右)
県野球連盟審判部副部長・福住正美さん(左)、元県高野連理事長・名塚徹さん(右)

 記念の100回目を迎える夏の高校野球。神奈川大会でも、数え切れない物語が紡がれてきた。黒子として支えた裏方、後にプロへと開花した無名選手、夏の経験を糧に今は市民を守る元球児、甲子園に肉薄した公立の名選手まで「アナザーヒーロー」を紹介する。

判定に「頑張れ」込め

 県野球連盟審判部副部長 福住 正美さん

 37年間、人生をジャッジに懸けてきた。県野球連盟審判部副部長・福住正美さんは、今年が最後の夏となる。60歳の「定年」を迎えるからだ。

 現役時代は大和高校の外野手。3年時の1975年夏には16強入りした。「ほとんど初戦負けのチームが11人でそこまでいけた」。最後は原辰徳さん(元巨人)擁する東海大相模に4回戦で完敗した。

 大学に進むと地元の草野球チームに誘われてプレーしていた。あるとき、先輩に言われた。「大会の審判名簿に名前入れておいたからな」

 高校野球の講習会を受け、24歳から登録された。審判で甲子園へ-という夢ができた。大舞台には全国各地から持ち回りで代表が派遣される。週末の休みを確保するために転職した。そして2003年、45歳で思いは現実となった。

「おまえの判定で相模は負けた」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

神奈川県高野連に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング