1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. プロを経て振り返る原点 武相・パンチ佐藤、桐蔭学園・長内孝

伝統校&公立編 80/100
プロを経て振り返る原点 武相・パンチ佐藤、桐蔭学園・長内孝

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年5月1日(火) 02:00

桐蔭学園・長内(左)、武相・佐藤(右)
桐蔭学園・長内(左)、武相・佐藤(右)

 高校時代から、佐藤和弘(53)はやはり「パンチ佐藤」だった。

 3年春の関東大会に臨んだ武相は、初戦で荒木大輔がいる早実(東京)と当たった。1982年5月。4季連続で甲子園に出ていた大スターは、先発を回避していた。

 四回。佐藤は意地のアーチを架ける。「試合前から荒木を追うカメラのシャッター音ばかりで。いっちょやってやろうと思っていました」

 これ見よがしにベースを回るが、一塁を蹴ったところで、ずっこけてしまう。「荒木が出てこねえからだ。ざまあみろって、気合が入りすぎました」。7-0の七回コールド勝ち。当時の本紙には「僕はすぐ調子に乗っちゃうんですよ」とらしいコメントが残る。その光景、表情がすぐに浮かんでしまうのが、パンチ佐藤という選手のすごいところだ。

 川崎市の西中原中出身。本当は東海大相模に行きたかった。「原(辰徳)さんたちが、神奈川を4連覇したのを子どものころに見ていましたから」。先生に相談すると言われた。「佐藤、世の中には偏差値というものがあるんだ」。そして、武相に進んだ。


3年夏の神奈川大会は、初戦で先制ホームランとサヨナラ打を放ち、その後も中軸として存在感を放った=1982年7月
3年夏の神奈川大会は、初戦で先制ホームランとサヨナラ打を放ち、その後も中軸として存在感を放った=1982年7月

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

桐蔭学園に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング