1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 切磋琢磨し日本一を 東海準決敗退、慶応初戦敗退 夏へ収穫

切磋琢磨し日本一を 東海準決敗退、慶応初戦敗退 夏へ収穫

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年4月5日(木) 02:00

智弁和歌山との準決勝で東海大相模は延長戦の末、10-12で惜敗した。果たせなかった日本一へ、ナインはまた夏に戻ってくると誓った=3日、甲子園
智弁和歌山との準決勝で東海大相模は延長戦の末、10-12で惜敗した。果たせなかった日本一へ、ナインはまた夏に戻ってくると誓った=3日、甲子園

 第90回選抜高校野球大会は4日、大阪桐蔭の2年連続3度目の優勝で閉幕した。4年ぶりに出場した神奈川勢は、東海大相模が準決勝で涙をのみ、慶応は初戦敗退に終わった。悔しさを胸に聖地を去った両校ナインだが、夏の100回大会に向けた収穫も多かった。

 2011年大会以来の優勝を狙った東海大相模は4強入り。選手全員が初めて甲子園でプレーしたが投攻守に隙を見せず、福島・聖光学院、静岡、日本航空石川と、昨秋の各地区大会の王者をはねのけていった。

 智弁和歌山との準決勝は死闘だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東海大相模高校に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング