1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 【東海大相模4強】「勝てばベストピッチ」 エース斎藤、救援登板

【東海大相模4強】「勝てばベストピッチ」 エース斎藤、救援登板

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年4月2日(月) 02:00

【東海大相模-日本航空石川】5回途中から登板し、1安打と好投した斎藤と佐藤のバッテリー=甲子園
【東海大相模-日本航空石川】5回途中から登板し、1安打と好投した斎藤と佐藤のバッテリー=甲子園

【東海大相模-日本航空石川】5回途中から登板し、1安打と好投した斎藤と佐藤のバッテリー=甲子園
【東海大相模-日本航空石川】5回途中から登板し、1安打と好投した斎藤と佐藤のバッテリー=甲子園

 決して本調子ではなかった。それでも抑えきった。エース斎藤が準々決勝の救援マウンドで見せたのは、「勝てる投手」という資質だった。

 五回2死一、二塁で先発野口からバトンを渡されるも、いきなりの四球で満塁にする。下半身が連動しないため球に力が乗らず、制球もばらつく。「ちょっと良くないな」。だが前の試合でサヨナラ3ランの3番原田が、初球を引っかけて三ゴロに。助かった。

 この1球で右腕は気づく。「今日はツーシームが使える」。1点を勝ち越した後の八回だ。1死一塁で4番上田。身長186センチ、体重100キロ近い主砲は、強振強打が旗印の日本航空石川を象徴する選手だった。

 カウント2ボール2ストライクから

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東海大相模に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング