1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. サガミは違った 鹿児島実 定岡正二(上)

全国のライバル編 52/100
サガミは違った 鹿児島実 定岡正二(上)

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年3月4日(日) 02:00

延長15回を1人で投げ切り勝利し、歓喜の瞬間を迎えた鹿児島実の定岡(中央)=1974年8月17日、甲子園
延長15回を1人で投げ切り勝利し、歓喜の瞬間を迎えた鹿児島実の定岡(中央)=1974年8月17日、甲子園

延長15回を1人で投げ切り勝利し、歓喜の瞬間を迎えた鹿児島実の定岡(中央)=1974年8月17日、甲子園
延長15回を1人で投げ切り勝利し、歓喜の瞬間を迎えた鹿児島実の定岡(中央)=1974年8月17日、甲子園

 延長十五回。最終打者を打ち取った定岡正二(61)はカクテル光線に照らされながら控えめに拳を握り、ようやく緊張から解放されて相好を崩した。

 1974年夏。第56回全国高校野球選手権準々決勝の東海大相模-鹿児島実業。3時間38分の激闘は後に、球史に残る名勝負として語り継がれることになる。

 監督・原貢が率いる東海大相模は、夏の甲子園は2年ぶり4度目の出場。長男の辰徳が1年生ながら5番でスタメンに名を連ね、父子(おやこ)鷹(だか)としても脚光を浴びていた。

 一方の鹿実は、県大会地区予選から本大会3回戦まで定岡が8完封の離れ業を演じて勝ち上がってきた。大会屈指の剛腕で甘いマスクの定岡と、新たなスター辰徳が相まみえた話題性豊富な注目カードとなった。

「縦じま、威圧感あった」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

K100に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング