1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. ハマスタと甲子園は僕の庭 東海大相模 小笠原慎之介(下)

現役ヒーロー編 47/100
ハマスタと甲子園は僕の庭 東海大相模 小笠原慎之介(下)

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年2月27日(火) 02:00


3年夏の甲子園決勝。同点の九回に決勝本塁打を放ち、「今まで一度も野球を楽しいと思ったことがなかった。最後に楽しめた」
3年夏の甲子園決勝。同点の九回に決勝本塁打を放ち、「今まで一度も野球を楽しいと思ったことがなかった。最後に楽しめた」

 2015年に、45年ぶりとなる夏の全国の頂へ登り詰めた東海大相模。東の横綱に最後に土を付けたのが、その春の関東大会準決勝で対戦した浦和学院(埼玉)だった。

 直前の選抜大会で4強入りしていた強力打線に、小笠原慎之介は打ちのめされる。「浦学は春にめちゃくちゃ強いから自分の力を試せる。自分一人で勝とう」と最速149キロを計測したが、直球は荒れに荒れ、2本のアーチを浴びた。

 試合後には顔面蒼白(そうはく)で「このままじゃ夏に勝てない」と答えた。ただ、真意は違ったという。

 「チームを第一にそうしゃべったけど、本心は単に僕が負けたことが悔しかった。取材の時に答える言葉は、きれいにしゃべっておこうとずっと気を遣いましたね…」

 すべては、監督の門馬敬治へのメッセージだった。「あの時はまだ監督と意思疎通できていなかったし、合わせないと使ってもらえないと思っていましたから」

吉田と切磋琢磨

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東海大相模に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング