1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 「見送り」にも時代の流れ

アーカイブズ編 44/100
「見送り」にも時代の流れ

高校野球 | 神奈川新聞 | 2018年2月22日(木) 02:00

64年から4回出場し一時代を築いた武相は、横浜駅西口の高島屋前で壮行会。この後、東京駅に移動し新幹線「こだま」で大阪へ向かった=68年8月6日
64年から4回出場し一時代を築いた武相は、横浜駅西口の高島屋前で壮行会。この後、東京駅に移動し新幹線「こだま」で大阪へ向かった=68年8月6日

 今回のテーマは「見送り」だ。

 終戦からまだ15年ほどという1960年前後。駅前の壮行会から見送りの人が押し寄せたホームでは、のぼりに勇ましい限りの字が躍る。

 郷土の誇り 法政二。

 征(ゆ)け横高健児。

 あふれる人波から列車の窓をたたくように小旗が振られる。主将は「死力を尽くして戦って参ります」と宣言。出征をほうふつさせる大仰さだ。

 64年には東海道新幹線が開通したが、その後もしばらくは横浜駅で壮行会を行い、東京駅から新幹線に乗っていた。

一大イベント

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

K100に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング