1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 【甲子園】「最弱世代」の逆襲(5) 遠藤成投手・遊撃手

タテジマ 令和の王者へ
【甲子園】「最弱世代」の逆襲(5) 遠藤成投手・遊撃手

高校野球 | 神奈川新聞 | 2019年8月9日(金) 05:00

“二刀流”己を信じて


遊撃手、打者、投手と八面六臂(ろっぴ)の活躍が期待される遠藤=大阪・萩谷総合公園野球場
遊撃手、打者、投手と八面六臂(ろっぴ)の活躍が期待される遠藤=大阪・萩谷総合公園野球場

 前日のシート打撃では投手陣で一番最初にマウンドに上がり、8日にはブルペンで直球、変化球の感触を確かめながら、約30球投じた。「いつも通りやれば結果は付いてくる」。東海大相模の遠藤成は集大成の舞台へ、調整のピッチを上げる。

 今夏の神奈川大会では初めてタテジマのエース番号を託された。打棒では試合を重ねるごとに調子を上げ、2本塁打、8打点をたたき出したが、登板は2試合でわずか4回2/3だった。甲子園では紫藤大輝に背番号1を渡すことになり、「意識はあまりしないですけど、マウンドに上がったらエースのつもりで投げたい」と、プロも注目する“二刀流”は気持ちを切り替えている。

昨春の借り

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

甲子園(神奈川代表校)に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング