1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 最終回一矢報いる 意地見せた3年生

高校野球神奈川大会
最終回一矢報いる 意地見せた3年生

高校野球 | 神奈川新聞 | 2019年7月25日(木) 00:45

日大藤沢4-1鎌倉学園


【日大藤沢-鎌倉学園】9回、鎌倉学園の有馬(中央)が生還、一矢報いる=横浜
【日大藤沢-鎌倉学園】9回、鎌倉学園の有馬(中央)が生還、一矢報いる=横浜

 4点を追う最終回。最上級生の頑張りで零敗を免れたことが、第1シード鎌倉学園の矜持(きょうじ)だった。

 無死一塁から代打中西、3番磯崎の連打で満塁とし、途中出場の川瀬の右犠飛で1点を返した。竹内智一監督(37)は「3年生が最後に意地を見せてくれた」とねぎらった。

 序盤から相手左腕を打ちあぐね、八回までに得点圏へ走者を進めたのは2イニングだけ。この日2安打の磯崎も「追い込まれてから武冨君の気迫を感じた。四球も選べなかった」と認める完敗だ。

 南神奈川大会で準優勝した昨夏ほどの打力がない分、粘り強く勝ち上がってきた。活躍が目立った先頭有馬、5番中村はともに2年生。小山は1年生ながら4番を務めた。指揮官は「下級生が力を発揮できるのは、紛れもなく上級生の支えのおかげ」とフォローする。

 過去に準優勝6度の古豪はまたも夏の甲子園に届かなかったが、「内野満員のハマスタでプレーさせてあげることができた。この経験を生かしてほしい」と主将竹村。後輩へエールを感謝の言葉に代えた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング