1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海、3投手継投決まる 日本一へ思い一つ

高校野球神奈川大会
東海、3投手継投決まる 日本一へ思い一つ

高校野球 | 神奈川新聞 | 2019年7月23日(火) 00:38

東海大相模6-1湘南


先発し5回を2安打、7奪三振の東海大相模・諸隈
先発し5回を2安打、7奪三振の東海大相模・諸隈

6回から登板し、2回を投げて無安打の東海大相模2番手投手・紫藤
6回から登板し、2回を投げて無安打の東海大相模2番手投手・紫藤

 1点こそ失ったものの東海大相模は3投手の継投が決まった。


 先発の左腕諸隈が5回を2安打7三振で無失点に封じると、今夏初登板の右腕紫藤も2回を3三振で無安打に抑え、七回までは三塁を踏ませなかった。

 「最後の夏なので楽しんで投げたい」。関東大会で優勝した今春まではエースナンバーを付けていた背番号10の紫藤は、待ち焦がれた夏のマウンドで切れ味鋭い直球で押した。「甲子園では背番号が変わるかもしれない。今は一回我慢してやっています」

 制球が乱れた初戦からフォームを修正した諸隈も「2回戦は緊張した部分もあった。きょうは体の開きも抑えられた」と納得の表情だった。

 菅野(巨人)や小笠原(中日)のような大エース不在の夏、諸隈は「日本一を取るために全力でやりたい」、紫藤も「どんなことでもできることをやり切る」と、タテジマの投手陣の思いは一つだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング