1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 慶応が快勝、3回戦へ 水鳥が場外3ラン

高校野球神奈川大会
慶応が快勝、3回戦へ 水鳥が場外3ラン

高校野球 | 神奈川新聞 | 2019年7月15日(月) 13:44

【逗子-慶応】先制本塁打を放った慶応の2番小林

 夏の高校野球の神奈川大会2回戦で15日、昨夏の北神奈川大会の覇者・慶応が逗子を7ー1で下した。17日予定の3回戦では、大井・吉田島-藤沢西の勝者と対戦する。

慶応、今夏は投手陣全員で 大エース不在、2試合に5投手

 慶応は初回に2番小林のソロアーチで先制。その後追いつかれるも、五回に5番水鳥が場外3ランを放つなど、徐々に突き放した。


【逗子-慶応】慶応の先発、エース田口
【逗子-慶応】慶応の先発、エース田口

 大会初登板となったエース田口はソロ本塁打を許したものの、4回を投げ6三振を奪い2安打1失点と上々の仕上がりだった。

 これで2戦で5本塁打と打線が好調だが、森林貴彦監督は「今日はホームランか凡打という感じだった。野球はそれでは勝てない。もっとしぶといヒットが出てくれば」と次戦を見据えた。


【逗子-慶応】逗子の先発瀧居
【逗子-慶応】逗子の先発瀧居

【逗子-慶応】二回に同点のソロアーチを放った逗子の新倉(左)
【逗子-慶応】二回に同点のソロアーチを放った逗子の新倉(左)

 

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング