1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海 機動力で勝利 高校野球春季関東大会

東海大相模4-3木更津総合
東海 機動力で勝利 高校野球春季関東大会

高校野球 | 神奈川新聞 | 2019年5月19日(日) 05:00

 高校野球の第71回春季関東大会は18日、1都7県の19校が参加して埼玉県営大宮公園野球場などで開幕した。神奈川1位の東海大相模は木更津総合(千葉3位)を4-3で下し、神奈川2位の桐光学園は11-2と東農大三(埼玉4位)を圧倒して七回コールド勝ちで、それぞれ2回戦に駒を進めた。

 東海大相模は、1-1の八回に鵜沼魁斗(2年)が勝ち越し打を放つと、遠藤成(3年)、山村崇嘉(2年)の連続適時打で3点を奪った。

 桐光学園は1-0の四回に鈴木智也(3年)の2点二塁打など、5短長打で一挙7得点。主戦の安達壮汰(2年)は7回を2失点で投げ抜いた。

 第2日は19日、さいたま市営大宮球場などで2回戦6試合を行い、東海大相模は同球場で前橋育英(群馬1位)と、桐光学園は埼玉県営大宮公園野球場で藤代(茨城1位)と、それぞれ午後0時半から8強を懸けて対戦する。

 ▽1回戦(埼玉県営大宮公園野球場)
木更津総合
000 100 002|
010 000 03X|
東海大相模

 【】東海大相模が5盗塁を絡めた機動力で、木更津総合の好右腕を攻略。二回2死一、三塁から重盗を仕掛け、三走金城が先制のホームを踏むと、八回には盗塁で広げた好機に遠藤、山村の連続適時打などで勝ち越した。

 遠藤は切れのある直球とカーブが有効で、八回途中まで5安打1失点と好投した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球春季関東大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング