1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 横浜商大・河野、悔やむ押し出し 高校野球神奈川大会第11日

横浜隼人3-2横浜商大
横浜商大・河野、悔やむ押し出し 高校野球神奈川大会第11日

高校野球 | 神奈川新聞 | 2017年7月23日(日) 10:04

逆転負けを喫し、がっくり肩を落とす横浜商大の選手ら
逆転負けを喫し、がっくり肩を落とす横浜商大の選手ら

 七回2死。横浜商大のエース河野は痛恨の押し出し四球で勝ち越しを許した。「あの場面だけ自分の中で熱くなって三振を取りにいってしまった」。そこまで横浜隼人の強力打線を封じていた右腕は自らを責めた。

 守備陣は強固だった。外野は「定位置より10メートルくらい後ろ」(主将相ケ瀨)に下がり、長打警戒の大胆なシフトで応戦。打者データに合わせてポジションを細かく変え、安打性の当たりを何度か正面で止めていた。

 被安打6のうち長打は1本。2戦連続で毎回安打していた相手の勢いをそぐ理想的な展開だったからこそ、河野は「もっとバックを信じて投げればよかった」と悔やむ。

 3度の夏の甲子園出場を誇る伝統校も、ここ5年はノーシード。このチームは昨秋県大会4強と力があっただけに、残念な結末となった。

【関連記事】神奈川大会7月22日の試合結果

横浜隼人高校に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング