1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 背番号1の重み知った 創学館エース川井 高校野球神奈川大会第11日

氷取沢5-4横浜創学館
背番号1の重み知った 創学館エース川井 高校野球神奈川大会第11日

高校野球 | 神奈川新聞 | 2017年7月23日(日) 09:56

リードを許した展開からの救援。苦しい投球にマウンドで顔をしかめる横浜創学館のエース川井 
リードを許した展開からの救援。苦しい投球にマウンドで顔をしかめる横浜創学館のエース川井 

 5連打で初回に2点を先行と好スタートを切ったはずだった。よもやの逆転負けに第3シード横浜創学館・森田誠一監督(52)は「私の采配ミス」とうなだれた。

 ここまで2試合17回を投げてきたエース川井に代わって送り出した伊藤がつかまった。四回に2死満塁から連続タイムリーで3失点。「1イニング早く代えておけば…」。指揮官は継投のタイミングを悔やむ。

 後手に回った。五、七回と1死一、三塁をつくったがいずれも中軸が不発。救援したエースも、六回に与えてはいけない追加点を献上した。

 劣勢のマウンドに立った川井は涙を拭う。「背番号1の重みを知った」。思いがけず早い幕切れだった。

【関連記事】神奈川大会7月22日の試合結果

横浜創学館高校に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング