1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模ナインが大阪入り

東海大相模ナインが大阪入り

高校野球 | 神奈川新聞 | 2010年8月4日(水) 00:20

第92回全国高校野球選手権大会(7日から15日間・甲子園)に33年ぶりに出場する神奈川代表の東海大相模ナインが3日午後、大阪入りした。

出発前にはJR新横浜駅で県高野連による「壮行会」が催され、名塚徹理事長(50)が「大阪は暑く、練習時間も短くなるため、体調管理に気を付け、一戦一戦勝って21日(決勝)まで行ってほしい」と激励した。門馬敬治監督(40)は「心技体の三つと運を味方に付けていい成績を残したい。33年ぶりの出場のことは忘れ、全力で戦いたい」と応えた。

主将の福山亮(3年)が「(初戦敗退となった選抜大会の)春の悔しさを忘れず、チーム一丸となって、気を引き締めて神奈川代表として戦いたい」と宣言した。

甲子園メンバーにほかの3年生部員らを加えた総勢41人の一行は、夕方に宿泊先の大阪市内のホテルに到着。4日は甲子園練習の後に組み合わせ抽選会に臨む。

【】

壮行会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング