1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 慶応1年小宅が先発、大一番で好投 帽子つばには「必笑」

高校野球 秋季神奈川県大会
慶応1年小宅が先発、大一番で好投 帽子つばには「必笑」

高校野球 | 神奈川新聞 | 2022年9月25日(日) 19:18

慶応7―6日大藤沢

7回6安打2失点だった慶応の小宅=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す)

 関東大会出場が懸かる大事な一戦。慶応の先発を任されたのは1年の小宅だ。「ある程度抑えて、ゲームをつくることができる」と森林貴彦監督(49)の信頼を勝ち得た右腕。だが、この日みせたのは「ある程度」どころではない、信頼を大きく上回る好投だった。

 直球と縦のスライダーを中心に、低めへの制球が生命線。ただ、時として高めのストレートで勝負を挑む。強気の見せ球を武器に五回まで散発2安打。「ストレートがシュート気味だったので、修正しながら投げた」。六回に2二塁打で、七回にはスクイズで1点ずつ失ったが、主導権は一切渡すことなくエースの松井に引き継いだ。

7回6安打2失点だった慶応の小宅=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す)

 準々決勝の東海大相模戦でも、3本塁打を打たれながら七回まで4失点。強力打線の援護のもと、1年生らしからぬ無類の安定感をチームに与えている。

 栃木の県央宇都宮ボーイズから、「エンジョイ・ベースボール」にひかれて慶応の門をたたいた。大会前に帽子のつばに書き込んだ言葉は、自身が大切にしているという「必笑」だ。

 「関東大会は強いチームばかりだと思うが、低めを意識して、いけるところまで全力で投げたい。今、楽しんで野球をやれている」と小宅。慶応野球の若き申し子は、会心の笑顔で次のステージを見据えた。(和城 信行)

秋季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング