1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 慶応が日大藤沢下し、決勝進出 関東大会への切符獲得

高校野球 秋季神奈川県大会
慶応が日大藤沢下し、決勝進出 関東大会への切符獲得

高校野球 | 神奈川新聞 | 2022年9月25日(日) 13:03

慶応7―6日大藤沢

関東大会出場を決め、喜ぶ慶応ナイン=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す)

 神奈川県高校野球秋季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は25日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝が行われた。第1試合は慶応が7―6で日大藤沢を下して決勝進出を果たし、5年ぶり12度目となる秋季関東大会(10月22日から埼玉県)の出場権を獲得した。

 慶応は三回、福井直睦(2年)の3点本塁打で先制。五回に延末藍太(同)が2点二塁打を放ち、八回には丸田湊斗(同)のタイムリーなどでリードを広げた。

 地区予選を含めて準々決勝まで7試合12本塁打をマークしてきた長打力を大一番でも発揮。犠打やエンドランも絡める多彩な攻撃を展開した。

 先発した小宅雅己(1年)は伸びのある直球とスライダーを軸に7回2失点と好投。八回からエース松井喜一(2年)が救援した。

 慶応は27日に同球場で行われる決勝(試合開始午後1時)で、横浜創学館―横浜の勝者と対戦する。

【日大藤沢―慶応】3回表慶応2死一、三塁。福井が先制の3ランを放つ=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す)
【日大藤沢―慶応】3回表慶応2死一、三塁。福井が先制の3ランを放つ=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す)
7回6安打2失点だった慶応の小宅=サーティーフォー保土ケ谷(立石 祐志写す)

秋季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング