1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 5年ぶりの頂上決戦 栄冠は横浜、東海大相模どちらに

高校野球神奈川大会
5年ぶりの頂上決戦 栄冠は横浜、東海大相模どちらに

高校野球 | 神奈川新聞 | 2022年7月26日(火) 20:27

横浜・緒方(左)、東海大相模・庄司(右)

 第104回全国高校野球選手権神奈川大会の最終日は27日、横浜スタジアムで横浜─東海大相模の決勝(試合開始午前10時)が行われ、甲子園出場校が決まる。

 両校が夏のクライマックスで相まみえるのは2017年以来だが、ともに監督が代わってからは初対戦となる。決勝での戦績は東海大相模の4勝3敗。攻撃力、守備力、投手力は互いにハイレベルで、一歩も引かぬ激戦が予想される。3年ぶり12度目の東海か、2年連続20度目の横浜か。頂点を懸けた宿命のライバル対決を展望する。(松村 祐介)

横浜:連覇へ切れ目ない打線

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング