1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模・庄司 勝負どころで「緊急登板」、流れ渡さず

高校野球神奈川大会 準決勝
東海大相模・庄司 勝負どころで「緊急登板」、流れ渡さず

高校野球 | 神奈川新聞 | 2022年7月25日(月) 17:50

東海大相模6-2横浜創学館

【東海大相模―横浜創学館】6回途中から登板、1安打無失点と好投した東海大相模の庄司(中央)=横浜(石井 啓祐写す)

 東海大相模は、六回途中で今大会好投を続ける右腕庄司を投入。想定外の継投かと思いきや、原俊介監督(44)は「接戦になったらいくぞと庄司には伝えてあった。七回以降かと思っていたので少し早かったが、あそこで追いつかれれば流れは相手にいっていた」と納得顔だった。

 「あそこ」とは、3-2に詰め寄られてなお無死一、三塁の六回。庄司は「緊急登板だった」というものの、準々決勝と変わりない低めを突く投球で後続を二ゴロに。二塁及川が好守で三走を本塁で刺し、ピンチを脱した。その裏には先頭の4番求が今大会初本塁打を放つなど、守備も打線も庄司投入の意味を感じ取った。

「横浜との試合は特別」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング