1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 4強入り懸け激突 23、24日に準々決勝 有観客試合に

高校野球 春季神奈川県大会
4強入り懸け激突 23、24日に準々決勝 有観客試合に

高校野球 | 神奈川新聞 | 2022年4月22日(金) 19:40

県高校野球春季大会8強の組み合わせ

 県高校野球春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は23、24の両日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準々決勝が行われる。

 23日は東海大相模―桐蔭学園、藤沢清流―立花学園、24日は桐光学園―横浜、横浜商大―横浜商(Y校)が4強入りを懸けてぶつかる。夏の第1シードを手にするのはどのチームか。戦いを展望する。(松村 祐介)

球場で当日券販売 準々決勝はサーティーフォー保土ケ谷球場で当日券を販売し、上限50%まで観客を入れる。新型コロナウイルス感染対策のため、観戦する際は「来場者カード」の記入、提出が必要。カードは県高野連のホームページからダウンロードできる。県高野連は「速やかに券の購入ができるよう、事前の記入をお願いしたい」と呼び掛けている。

打力の高い立花、清流は主戦が柱

 ともに初の4強を目指す両校。3試合連続2桁安打と打力が高い立花学園に藤沢清流が挑む。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

春季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング