1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 横浜、横浜商、桐光学園などが8強入り

高校野球 春季神奈川県大会
横浜、横浜商、桐光学園などが8強入り

高校野球 | 神奈川新聞 | 2022年4月17日(日) 19:10

先発した横浜の杉山=サーティーフォー保土ケ谷

 神奈川県高校野球春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第4日は17日、サーティーフォー保土ケ谷球場など4会場で4回戦8試合が行われ、横浜、横浜商、桐光学園などが準々決勝進出を決めた。

 昨夏の神奈川大会を制した横浜は昨秋ベスト8の横浜隼人に13―2で八回コールド勝ち。横浜商は2―1で藤沢翔陵との接戦を制し、桐光学園は5―2で金沢を下した。

 第5日は23日、同球場で東海大相模―桐蔭学園(試合開始午前10時)、藤沢清流―立花学園(同午後0時半)の準々決勝2試合を行う。

【市ケ尾―立花学園】
【藤沢翔陵―横浜商】
【藤沢翔陵―横浜商】
五回から救援して無安打無失点と好投した桐光学園の針谷=サーティーフォー保土ケ谷
【横浜隼人―横浜】六回裏横浜隼人2死一、二塁、菊地が左越えに適時二塁打を放つ=サーティーフォー保土ケ谷
実戦初先発ながら桐光学園相手に完投した金沢の飛田=サーティーフォー保土ケ谷

春季県大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング