1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 桐蔭中等、創部15年目で初の頂点 聖光学院との延長戦制す

高校軟式野球 秋季県大会
桐蔭中等、創部15年目で初の頂点 聖光学院との延長戦制す

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年10月21日(木) 05:10

延長11回に決勝点を奪って喜ぶ桐蔭中等のナイン=サーティーフォー相模原球場

 高校軟式野球の秋季県大会は20日、サーティーフォー相模原球場で決勝が行われ、桐蔭中等が聖光学院を延長十一回の末、3─2で下し初優勝を飾った。

 桐蔭中等は1点を追う四回に中野秀太(2年)の適時打で追い付き、八回には盗塁や犠打を絡めて内野ゴロの間に1点を加えた。九回に同点に追い付かれたものの、延長戦で敵失に乗じて勝ち越した。投げては主戦中野が2安打で完投した。

 両校は11月5日から東京都で行われる関東大会に出場する。

 【評】桐蔭中等は、エース左腕の中野が相手打線を2安打に封じて完投。伸びのある直球と緩い変化球を織り交ぜ、手玉に取った。打線は四、八回の得点機で盗塁を絡めるなど機動力が光った。

 聖光学院は主戦の井上創が153球と熱投もあと一歩だった。

エース中野 投打で活躍

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

軟式野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング