1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 星槎国際湘南が快勝 矢ケ崎2連続完封

高校野球 秋季県大会
星槎国際湘南が快勝 矢ケ崎2連続完封

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年9月11日(土) 16:11

【星槎国際湘南―横浜商】

 高校野球の秋季神奈川県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第3日は11日、中栄信金スタジアム秦野などで2、3回戦が行われ、星槎国際湘南が5─0で横浜商を破り、4回戦進出を決めた。

 星槎はエース矢ケ崎亮太(2年)が2試合連続完封。奪った三振は三つながら、丹念にコースを突いて5安打に封じた。打線も初回に石崎知紀(同)の中前打で先制。3─0の八回には谷繁朗(同)の2点タイムリーで駄目を押した。

 「打ったのはカーブ。変化球を引っ掛けてしまっていたので、詰まらせる意識で打ったらセンターにいい打球がいった。修正できて良かった」と谷繁。矢ケ崎は「ストライク先行で低めに集まっていたのでそこが良かった」と笑みを浮かべた。

 星槎は12日、サーティーフォー相模原球場で東海大相模と対戦する。土屋恵三郎監督(67)は「これで相模に挑戦できる。今の力でどれだけ通用するか」と眼光を鋭くしていた。

【星槎国際湘南―横浜商】八回星槎国際湘南2死満塁。駄目押しの2点タイムリーを放った谷繁=中栄信金秦野

高校野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング