1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 手負いのエース、貫いた直球勝負 慶応・前田「力負け」

高校野球神奈川大会 準決勝
手負いのエース、貫いた直球勝負 慶応・前田「力負け」

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年7月26日(月) 22:12

横浜創学館5-2慶応

【横浜創学館―慶応】4回途中から7回まで投げ、4安打4失点だった慶応の前田=相石ひらつか(萩原 昭紀写す)

 2点を追う五回2死満塁。慶応・前田が外角低めに投じた渾身(こんしん)の直球が鋭い打球音とともに右中間へ抜けていく。

 試合の流れを決定づける走者一掃の三塁打。手負いのエースは「真っ向勝負での力負け。相手が狙ってしっかり踏み込んできた」と目を真っ赤に腫らした。

 調子は悪くなかった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング