1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 横浜創学館、2008年以来の決勝進出 慶応に勝利

高校野球神奈川大会 準決勝
横浜創学館、2008年以来の決勝進出 慶応に勝利

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年7月26日(月) 13:35

【慶応-横浜創学館】

 高校野球の第103回全国選手権神奈川大会は26日、バッティングパレス相石スタジアムひらつかで準決勝が行われ、第2シードの横浜創学館が5─2で慶応に勝利し、南神奈川大会で準優勝した2008年以来の決勝進出を果たした。

 創学館は三回に長井俊輔(3年)の犠飛で1点を先制。五回には斎藤慶太朗(3年)の3点三塁打などで4点を追加した。右腕山岸翠(3年)は伸びのある直球で押して2失点完投した。

 決勝は台風接近の影響で28日に順延。午前10時からサーティーフォー保土ケ谷球場で、第1シードの横浜と対戦する。

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング