1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 慶応が8強進出、第1シードの桐光学園破る 16安打8得点

高校野球神奈川大会 5回戦
慶応が8強進出、第1シードの桐光学園破る 16安打8得点

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年7月22日(木) 13:52

【桐光学園-慶応】

 高校野球の第103回全国選手権神奈川大会は22日、サーティーフォー相模原球場などで5回戦が行われ、2018年以来の甲子園出場を目指す慶応が8-3で第1シードの桐光学園を破り、ベスト8進出を決めた。

 慶応は1-2の五回、横地広太(2年)の2点本塁打で逆転すると、七回には小堀政泰(3年)の2点打で突き放した。八回にも二宮慎太朗(3年)、今泉将(3年)の適時打で3点を追加。計16安打で8得点を挙げた。

 守っては荒井駿也(3年)、前田晃宏(3年)の2投手が要所を締め、桐光学園打線を3点に抑えた。

 慶応は24日にサーティーフォー保土ケ谷球場で行われる準々決勝で、横浜清陵─麻溝台の勝者と対戦する。

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング