1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模 指揮官最後の夏、たゆまぬ強さで完勝発進

高校野球神奈川大会 2回戦
東海大相模 指揮官最後の夏、たゆまぬ強さで完勝発進

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年7月14日(水) 00:52

東海大相模11-0関東学院六浦

【東海大相模―関東六浦】4回裏東海大相模無死。小島が右翼へソロを放つ=サーティーフォー保土ケ谷(花輪 久写す)

 春の全国制覇から一転、今夏を最後に門馬敬治監督(51)が退任する東海大相模。動揺をみじんも感じさせぬ11得点完勝に、主将大塚は「監督が辞めることを考えず、いつも通り戦うことに徹した」とうなずいた。

 大塚、綛田の1、2番コンビが5安打5得点で引っ張り、下位の仙庭、黒沢も4四死球2盗塁でかき回す。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング