1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模出身のDeNA田中俊 夢破れたあの日とそれから

高校野球神奈川大会
東海大相模出身のDeNA田中俊 夢破れたあの日とそれから

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年7月12日(月) 20:20

東海大相模の主力として春夏3度の甲子園に出場した田中俊=2010年夏の神奈川大会決勝

 全国高校野球選手権神奈川大会は10日に開幕した。今春の選抜大会を制した東海大相模は、史上8校目となる甲子園春夏連覇の偉業に挑む。ちょうど10年前、同じ夢を仲間たちと追ったのが、同校OBで横浜DeNAの田中俊太内野手(27)だ。聖地には届かなかったあの夏を振り返りながら、神奈川の球児たちにエールを送った。(小林 剛)

頂点一転、狂った歯車 

 東日本大震災直後の2011年春、東海大相模は通算74安打の新記録を樹立する派手な勝ちっぷりで、選抜大会の頂点まで駆け抜けた。

 「選抜はいい意味で勢いがあって、普段以上の力が出て勝ち進んだと思う」。しかし、直後の春季県大会は4回戦で戸塚に敗れ、さらに関東大会では初戦敗退を喫した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング