1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 高校野球神奈川大会 有観客で開催決定 各球場で上限設定

高校野球神奈川大会 有観客で開催決定 各球場で上限設定

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年6月29日(火) 05:30

サーティーフォー保土ケ谷球場

 神奈川県高野連は28日、7月10日に開幕する第103回全国高校野球選手権神奈川大会について、1回戦から上限付きの有観客で開催すると発表した。

 上限人数はそれぞれ異なり、サーティーフォー保土ケ谷球場、サーティーフォー相模原球場、バッティングパレス相石スタジアムひらつか、大和スタジアム、等々力球場は2千人。小田原球場は1100人、俣野公園・横浜薬大スタジアム、藤沢八部球場、中栄信金スタジアム秦野、いせはらサンシャイン・スタジアムは千人、横須賀スタジアムは600人となる。

 チーム関係者の入場は、部員(控え選手)と部員の家族のみで最大250人とされ、各球場の上限人数にも含まれる。

 1~4回戦は各球場で当日券が販売され、5回戦以降は7月9日に県高野連のホームページなどで販売方法を告知する。

 新型コロナウイルスの影響で昨夏の代替大会は無観客で実施され、今春の県大会は4回戦以降を上限付きの有観客で開催していた。(中西 悠)

高校野球神奈川大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング