1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 桐蔭学園が逃げ切り優勝 11大会ぶり、三浦学苑下す

高校軟式野球 春季県大会
桐蔭学園が逃げ切り優勝 11大会ぶり、三浦学苑下す

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年5月9日(日) 23:35

桐蔭学園3-2三浦学苑

 高校軟式野球の春季県大会は9日、サーティーフォー相模原球場で決勝が行われ、桐蔭学園が三浦学苑を3─2で下し、11大会ぶり6度目の優勝を飾った。

 桐蔭は、0─1の四回に福田慶太(3年)の左翼線への適時二塁打で追い付くと、五回は相手投手の暴投で勝ち越しに成功、七回には敵失で1点を追加した。四回から登板した田口碧都(同)は九回の三浦学苑の反撃を1点に抑え、リードを守り切った。

 両校は、28日から栃木県で開催される春季関東大会に出場する。

救援の田口、夏こそ「背番1」

ラストバッターを打ち取り雄たけびを上げる桐蔭学園の田口(左)と喜ぶ選手たち=サーティーフォー相模原球場

 九回だった。1点差に迫られ、なおも2死一塁。相手の4番打者がはじき返したライナーを、一塁側に目いっぱい伸ばした左手のグラブに収めると、桐蔭学園の田口は雄たけびを上げた。「あまり記憶がなくて…」。背番号10はそう言ってはにかんだ。

 今大会は2試合に先発して無失点と好調。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

軟式野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング