1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模が決勝進出 指揮官不在も日大藤沢に14─5

高校野球 春季県大会
東海大相模が決勝進出 指揮官不在も日大藤沢に14─5

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年5月4日(火) 05:00

東海大相模14─5日大藤沢

 高校野球の春季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第8日は3日、横浜スタジアムで準決勝が行われ、今春の選抜大会を制した東海大相模は日大藤沢に14─5で大勝し、桐光学園は横浜を8─1の八回コールドで下した。両校は4日の決勝進出とともに、15日から山梨県で開催される春季関東大会の出場を決めた。東海は4大会連続23度目、桐光は3大会連続8度目の出場。

 東海は初回、柴田疾(3年)の左翼線二塁打で先制。以降も効果的に得点を加えて日藤を突き放し、県内公式戦の連勝を「40」に伸ばした。

 決勝の東海─桐光の顔合わせは2大会連続で、4日正午に同スタジアムで行われる。


 【評】東海大相模が14安打、先発全員の14得点で打ち勝った。大森、小島のソロ本塁打などで四回までに6点を先行。2点差とされた直後の七回は連打に相手のミスを絡めて加点した。日大藤沢は提坂、柳沢の計3本塁打で反撃したが、投手陣が強打にのみ込まれた。

選抜メンバー外の選手が輝き

 東海大相模が、前人未到の6季連続の神奈川制覇へ王手をかけた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング