1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模・門馬監督が優勝報告 教え子らの奮闘たたえ

センバツ
東海大相模・門馬監督が優勝報告 教え子らの奮闘たたえ

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年4月7日(水) 06:30

優勝報告に訪れた東海大相模の門馬監督(右)と、神奈川新聞社の並木社長=横浜市中区

 第93回選抜高校野球大会で10年ぶり3度目の頂点に立った東海大相模の門馬敬治監督(51)が6日、横浜市中区の神奈川新聞社を訪れ、優勝を報告した。「ぎりぎりの試合が続いたが、選手がそれぞれの持ち場で我慢強く戦ってくれた」と振り返り、あらためて教え子の奮闘をたたえた。

 新型コロナウイルスの影響下での大会。感染症との闘いを余儀なくされたほか、途中からは大塚瑠晏主将(3年)を急性胃腸炎で欠く事態となった。指揮官は「『主将の分まで』とか、『俺が俺が』といった気持ちにならなくていい。少しだけ(自分の働きを)プラスしてくれれば」と、あくまで平常心を保つ大切さを説いたという。

 関東・東京地区の最終枠での選出から成し遂げた選抜制覇に、「1パーセントの可能性にかけて練習し春を迎えたが、今大会で1パーセントが100パーセントになった」と充実感をにじませる。春夏連覇へ期待が高まるが、門馬監督は「また一つ一つ、階段を上っていきたい」と一戦必勝を期した。

春の選抜大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング