1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模、投打で圧倒 3年ぶりベスト4

センバツ
東海大相模、投打で圧倒 3年ぶりベスト4

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年3月29日(月) 22:26

【福岡大大濠―東海大相模】2回表東海大相模無死二塁。左越えに2点本塁打を放ち、雄たけびを上げる門馬=甲子園(立石 祐志写す)

 【評】東海大相模が快勝。積極的な打撃で序盤に7得点を挙げた。一回に小島の三塁打と百瀬の適時打で2点を先行。二回は門馬の2点本塁打などで4点、三回も1点を加えた。石田は変化球を低めに集める投球がさえて、14奪三振で3安打完封した。

 福岡大大濠は一回の好機を逃した。その後も的を絞れず、攻撃の糸口をつかめなかった。

主将不在のアクシデントにも打線爆発

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東海大相模に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング