1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模、門馬監督次男が先制打 親子で目指す甲子園

高校野球 秋季関東大会
東海大相模、門馬監督次男が先制打 親子で目指す甲子園

高校野球 | 神奈川新聞 | 2020年10月25日(日) 23:39

東海大相模7-0石橋

 飛距離では歴代のスラッガーに及ばないが、打球の鋭さなら負けていない。単打を連ねる今年の東海野球を体現するのが、門馬敬治監督(50)の次男で5番に座る功(こう)だ。

 「狙ってはいなかったが、うまく抜けてくれた」と振り返る初回の先制打。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校野球秋季関東大会に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング