1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模が優勝 史上初、5季連続県大会制覇

高校野球 秋季県大会
東海大相模が優勝 史上初、5季連続県大会制覇

高校野球 | 神奈川新聞 | 2020年9月27日(日) 16:03

【鎌倉学園―東海大相模】

 高校野球の秋季神奈川県大会は27日、横浜市保土ケ谷区のサーティーフォー保土ケ谷球場で決勝が行われ、東海大相模が8─2で鎌倉学園を下して2年連続14度目の優勝を飾った。
 
 東海は史上初となる5季連続の県大会制覇を達成。昨年春から続く県内公式戦の連勝も「36」に伸ばした。

 両校は10月24日に千葉県で開幕する秋季関東大会に出場する。東海は2年連続21度目、鎌学は33年ぶり5度目。大会は来春の選抜大会出場校を決める重要な選考資料となり、同8日に組み合わせが決まる。

【鎌倉学園―東海大相模】

 門馬敬治監督は「一戦、ワンプレーが勝ちにつながる。負けて反省するよりも(関東大会に向けて)勝って反省したい」と話した。

高校野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング