1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 東海大相模、座間にコールド勝ち 5季連続Vへ好発進

高校野球 秋季県大会
東海大相模、座間にコールド勝ち 5季連続Vへ好発進

高校野球 | 神奈川新聞 | 2020年9月13日(日) 13:45

【東海大相模―座間】

 高校野球の秋季県大会第2日は13日、サーティフォー保土ケ谷球場で2回戦の東海大相模―座間が行われ、史上初の県大会5季連続優勝を狙う東海は10ー2の七回コールド勝ちでベスト16進出を決めた。県内公式戦の連勝を32に伸ばし、3回戦で川崎北―立花学園の勝者と対戦する。

 東海は先発左腕の石田隼都(2年)が6回を1安打9奪三振と好投。打線も3点リードの七回に石田の中前適時打や門馬功(2年)の3点二塁打、柴田疾(2年)の左越え2ランなど打者10人の猛攻で7点を加え、試合を決めた。

 新主将の大塚瑠晏(2年)は「(門馬)監督からキャプテンに任命されて『やってやろう』と思った。先輩たちが甲子園交流試合で結果を残せなかった分、これからは自分や石田、門馬功が中心となってチームを引っ張りたい」と話した。

高校野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング