1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 筒香サヨナラ弾、空高く 6月4日・ロッテ戦

横浜DeNA6-5ロッテ
筒香サヨナラ弾、空高く 6月4日・ロッテ戦

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2016年6月5日(日) 02:00

10回横浜DeNA2死、右中間に、この試合2本目の本塁打となるサヨナラソロを放つ筒香(共同)
10回横浜DeNA2死、右中間に、この試合2本目の本塁打となるサヨナラソロを放つ筒香(共同)

ロッテ
104 000 000 0 |5
100 400 000 1x|6
横浜DeNA

【フルマーク】主砲存在感


 高々と舞い上がった白球は勝利を信じたファンが待つ右翼席に消えた。

 5-5の延長十回2死無走者。筒香が2ボール1ストライクからの4球目を完璧に捉えた。プロ7年目で、「人生初」というサヨナラ本塁打だ。「いつものホームランとは違う喜びがあった」。手荒い祝福でびしょぬれになったユニホームがうれしかった。


10回横浜DeNA2死、右中間に、この試合2本目の本塁打となるサヨナラソロを放つ筒香(共同)
10回横浜DeNA2死、右中間に、この試合2本目の本塁打となるサヨナラソロを放つ筒香(共同)


 自身のバットで決着をつけるつもりだった。ロッテの守護神・西野のタイミングを外したカーブを後ろ足に体重を残したままフルスイングした。「走者なし。いけると思った球をいった。うまく突っ込まずに打てた」。この日、2本目のアーチで劇的勝利をもたらし、勝率を5割に戻した。

 新人今永がまさかの3回を5失点で降板。ここまで奮闘してきた左腕の姿は誰もが知っていた。「ひっくり返すぞ、絶対に」。気合が入るベンチで、先頭に立つのはやはり主砲だった。

 1-5の四回無死二、三塁で追撃の号砲を鳴らす3ランを放ち、直後のロペスの同点弾につなげた。ルーキーを継投した救援陣も5人が無失点リレーでつなぎとめた。3安打4打点の主将は「きょうの勝利は全員で取ったもの」と胸を張る。

 昨季の交流戦で挙げた白星に早くも並ぶ3勝目で、2年ぶりの交流戦でのカード勝ち越しだ。「去年は去年。今年は今年。相手が強いとか関係ない」とお立ち台でファンに宣言した筒香。鳴りやまない応援歌が呼応した。


ナインの手荒い祝福を受ける筒香=横浜(共同)
ナインの手荒い祝福を受ける筒香=横浜(共同)

先発初の5回持たず 開幕から57戦目



 初めて見る光景だ。新人今永が

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

筒香嘉智(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング