1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 「YOKOHAMA」を胸に ベイ、ビジター用の新ユニ披露

「YOKOHAMA」を胸に ベイ、ビジター用の新ユニ披露

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2016年1月10日(日) 02:00

ラミレス新監督(左)と新しいビジター用ユニホームの発表会に参加した横浜DeNAの山崎康晃投手(右)=横浜市西区
ラミレス新監督(左)と新しいビジター用ユニホームの発表会に参加した横浜DeNAの山崎康晃投手(右)=横浜市西区

ラミレス新監督(左)と新しいビジター用ユニホームの発表会に参加した横浜DeNAの山崎康晃投手(右)=横浜市西区
ラミレス新監督(左)と新しいビジター用ユニホームの発表会に参加した横浜DeNAの山崎康晃投手(右)=横浜市西区

 プロ野球の横浜DeNAベイスターズは9日、横浜市西区の商業施設「マークイズみなとみらい」で今季から着用するビジター用の新ユニホームを発表した。「横浜に根づき、横浜と共に歩む」というコンセプトのもと、これまで胸にあった親会社「DeNA」のロゴを初めて外し「YOKOHAMA」に変更した。

 会場に集まったのは約1500人(球団発表)。就任後、初めてファンの前に登場したアレックス・ラミレス監督(41)は「素晴らしい気持ちでいっぱい。横浜の文字を胸に戦えることはうれしい」と笑顔を見せ、モデルとして登壇した昨季のセ・リーグ新人王、山崎康晃投手(23)は「ビジターでも横浜の皆さんと一緒に戦えるような気持ち。ことしは40セーブとセーブ王を目指したい」と活躍を誓った。

商業施設に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング