1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 600万円増の須田 目指すは「究極の何でも屋」

600万円増の須田 目指すは「究極の何でも屋」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2015年12月4日(金) 03:00

600万円増の1900万円でサインし、「何でも屋」宣言した須田=横浜市内の球団事務所
600万円増の1900万円でサインし、「何でも屋」宣言した須田=横浜市内の球団事務所

 横浜DeNAの須田幸太投手(29)ら4選手が3日、横浜市中区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、須田は600万円増の1900万円で更改した。

 5年目の須田は今季自己最多となる29試合に登板し、3勝2敗、防御率3・86をマーク。先発、中継ぎだけでなく、9月5日の巨人戦ではプロ初セーブを挙げた。「1年通して働けていないが、最大限に評価してもらった。どんな場面でも投げられたというのが大きかったと思う」とフル回転のシーズンを振り返った。

 また山崎憲晴内野手(28)は600万円減の2200万円、宮崎敏郎内野手(26)は350万円増の1200万円、安部建輝投手(29)は現状維持の800万円でそれぞれサインした。(金額は推定)

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

須田幸太に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング