1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 見せ場演出も小休止 連勝5で止まる 5月17日・広島戦

見せ場演出も小休止 連勝5で止まる 5月17日・広島戦

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2015年5月18日(月) 03:00

9回、2死一、三塁の好機で三振に倒れた横浜DeNA・関根。捕手会沢=マツダ(共同)
9回、2死一、三塁の好機で三振に倒れた横浜DeNA・関根。捕手会沢=マツダ(共同)

9回戦(マツダスタジアム)
横浜DeNA 
000 000 100|1
010 100 00x|2
広島


 カープファンの中崎コールが球場を包み込む中、1点を追って最後まで粘りを見せた九回2死一、三塁。フルカウントからの6球目に、関根のバットが空を切った。

 球団史上初となる月間2度目の6連勝は逃したが、首位を走るチームらしく、最後まで目が離せないゲームを展開した。

 七回に石川の適時打で1点差に迫ると、九回には倉本の内野安打、荒波がバットを折られながらも、三塁線上に渋く転がし出塁。最後は一打同点の場面をつくり、進藤ヘッドコーチも「気にすることはない」と連勝ストップを気にもしていない。

 開幕直後に首位に躍り出た後、4月12~21日に喫した7連敗が、成長の糧となったようだ。貯金4からあっという間に借金3へと転落した苦い経験があるからこそ、中畑監督は「うちに余裕はない。一戦必勝。勝つことで自信を付けていく」と訴え続け、その後17勝4敗と驚異的なペースで白星を重ねても、手綱は緩めない。

 西武時代に日本一を経験するベテラン後藤は、「このチームは1敗を10敗のように受け止める。長いシーズンだから慌てる必要はない」と諭すように言う。

 試合後、一番最後にロッカールームへと引き揚げた関根は言った。「結果を残せなかったことは悔しい。でも、この経験を次に生かして取り返せばいい」。激戦を続けながら、若い選手たちも一歩ずつ、ペナントレースの勝ち進み方を身に付けていっている。


 「あと半歩というところまではチャンスはつくれた。向こうの気迫もすごかった。野球のすごさも感じた。出し切った結果。悔いはない」


 ○…須田は6回を5安打2失点。先発の役割は果たしたが、一発に泣いて今季初黒星を喫した。

 二回にロサリオ、四回にはシアーホルツにそれぞれ今季初アーチとなるソロを献上。初先発だった3日の中日戦でも2発を浴びただけに、「一発に気を付けなければいけない外国人選手に2本では…。同じことを繰り返しては勝てない」と反省のコメントを残した。

 ただ、川村投手コーチは「仕事は十分にしてくれている。(投打の)かみ合わせがうまくいかないだけ」と及第点を与えていた。 (マツダ)


 ○…16日の広島戦で左足甲に自打球を当て、途中交代したバルディリスは代打出場にとどまった。七回1死一、二塁で空振り三振に倒れ、足の状態については「徐々に良くなっている」と語った。この日も病院に行かず、アイシングなどの治療を受けた。

 19日のヤクルト戦(神宮)の先発は、「プレーしたいが、様子を見てから決めたい」と慎重だった。 (マツダ)

中畑清(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング