1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 最後の一振り披露 ラミレス氏が引退セレモニー

最後の一振り披露 ラミレス氏が引退セレモニー

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2015年4月4日(土) 03:00

引退セレモニーを終え、横浜DeNA・バルディリスと抱き合うラミレス氏(右端)
引退セレモニーを終え、横浜DeNA・バルディリスと抱き合うラミレス氏(右端)

 プロ野球で通算2017安打を放ち、野球の独立リーグのルートインBCリーグで昨季現役を退いたアレックス・ラミレス氏(40)の引退セレモニーが3日、横浜DeNA-ヤクルト1回戦(横浜)の試合前に行われ、同氏は在籍した横浜DeNA・中畑、ヤクルト・真中の両監督から花束を贈られた。多村や三浦ら2軍で調整中のベテランも球場を訪れ、感謝を伝えた。

 同氏はヤクルトを皮切りに、巨人、横浜DeNAで2013年シーズンまでの計13年間プレー。外国人選手として初めて通算2千安打を達成し、明るいキャラクターでも愛された。

 背番号3の横浜DeNAのユニホームに袖を通して最後の一振りも披露したラミレス氏は「今までプレーできたのもファンのおかげ。本当にありがとうございます」と日本語であいさつ。第2の野球人生は指導者を目指すといい、プロ野球の最後のシーズンを過ごした古巣に向けて「今年はチームがまとまっていて、Aクラスのチャンスがある。自分もファンも待っている」と大きな期待を寄せた。

アレックス・ラミレスに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング