1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 久保が奮投も打線沈黙

【フルマーク】
久保が奮投も打線沈黙

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2015年3月21日(土) 03:00

西武戦に先発し、5回無失点と好投した横浜DeNA・久保=横浜
西武戦に先発し、5回無失点と好投した横浜DeNA・久保=横浜

投手陣が一歩も引かず引き分けに持ち込んだ。5回無失点と圧巻の投球を見せた久保に続き、東野、小林、岡島、エレラとつないで無失点。「守りが大事。投手の頑張りは勇気を与えてくれる」と中畑監督の口調も明るい。

 ただし、打線はわずか4安打。うち3本を無死から放ったが、三回は併殺でつぶし、七回は1死二塁から梶谷、筒香が倒れて無得点。八回には倉本の送りバントが小フライになり、再び併殺で逸機した。

 最近の7試合で、先発投手から3点以上を奪って攻略したのは18日の巨人戦だけ。梶谷、筒香、バルディリスら主力がそろわなかったとはいえ、いささか心もとない。

 それでも、中畑監督は希望の光を見いだしている。例えば、四回に桑原が試みたセーフティーバント。ファウルになったものの「簡単には攻略できない中で、相手が嫌がる作戦が必要。打つだけじゃなくて、選手個々にアイデアがある」と指揮官はたたえた。

 ついに、開幕まで1週間を切った。「きょうは淡泊だったが、(残る2試合は)途中交代もなくベストメンバーで戦いたい」と進藤ヘッドコーチ。投打とも陣容はほぼ固まった。あとは弾みをつける戦いをするだけだ。

【神奈川新聞】

中畑清(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング