1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 【フルマーク】打線沈黙で連敗 内海の術にはまる

【フルマーク】打線沈黙で連敗 内海の術にはまる

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2014年9月13日(土) 03:00

2回横浜DeNA無死一塁、バルディリスの一直を捕球し一走筒香にタッチして併殺にする巨人の一塁手阿部=東京ドーム
2回横浜DeNA無死一塁、バルディリスの一直を捕球し一走筒香にタッチして併殺にする巨人の一塁手阿部=東京ドーム

巨人の先発内海を散発4安打と打ちあぐね、8月29日の前回対戦に続いて2試合連続の零封負けを喫した。「同じやられ方をしている。プロとして恥ずかしいが、それに勝るものも相手にはあった」。敗軍の将、中畑監督は苦手左腕をたたえるしかなかった。

「こちらの打ち気を察して打ち取るような投球術」(中畑監督)にはまった。球速は130キロにも届かないこともあったが、横浜打線は内海のボールの切れにきりきり舞い。チャンスと言えば、二回の無死一塁ぐらいか。ただバルディリスの痛烈な打球は一塁へのライナーとなり、一走筒香が戻れずゲッツー。反撃のムードはあっという間に消え去った。

夏が終わり、打線に秋風が吹いてきている。

待ちに待った筒香がリハビリから復帰し、活気づくかに思われたが、クリーンアップはここ4試合で打率1割7分9厘と元気がない。この日、4番に戻ったブランコから快音は聞かれず、頑張っている投手陣を助けられないでいる。

「下ばかり向いていては上は目指せない」。指揮官はいつだって前向きだが、勝負の時を刻む針はどんどん進んでいく。上を見れば阪神とのゲーム差は4・5に広がり、下を見ると5位中日が0・5ゲーム差に迫ってきた。

【神奈川新聞】

中畑清(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング