1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 浜口、熱投133球 チーム勢いづける白星

6月23日・中日戦
浜口、熱投133球 チーム勢いづける白星

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年6月23日(火) 23:16

横浜DeNA3-0中日

中日
000 000 000|0
000 021 00X|3
横浜DeNA

 【評】橫浜DeNAは五回にオースティンとロペスの適時打で2点を先制し、六回に宮崎のソロで加点した。浜口は8回1/3を無失点。山崎が今季初セーブ。中日は11安打で無得点。六回を除いて毎回の走者を生かせず、柳を援護できなかった。

雪辱期す4年目左腕
期待上回る投げっぷり


8回表2死一、二塁のピンチを切り抜け、雄たけびを上げる浜口
8回表2死一、二塁のピンチを切り抜け、雄たけびを上げる浜口

 12球団完封一番乗りとはならなかったが、チームを勢いづける1勝だ。浜口が九回途中無失点。133球の熱投で今季初登板を白星で飾った。

 再三走者を背負いながらも、崩れない。八回2死一、二塁ではフルカウントから高橋を外のストレートで空振り三振。「僕自身の開幕。緊張感もあったけど、打者に向かって攻めていくことができた」。背番号26は雄たけびを上げた。

 九回、あと2人というところでマウンドを降りたものの「素晴らしい投球。最初から最後までよく投げてくれた」とラミレス監督。連戦を控える救援陣の負担も減らし、期待を上回って余りある投げっぷりだった。

 2018年7月以来となった恋女房、高城とのコンビネーションも健在だ。「意思の疎通もしっかりできたし要所要所で声をかけてくれた」。その一方、私生活でも3月に結婚し、「栄養のことを考えていろいろな品目を作ってくれる」。新妻のサポートに結果で応えた。

 昨季は故障も響いてローテーションを守り切れなかった。「この1勝がすごくうれしいし、早くファンの皆さんの前でプレーしたい」。雪辱を期す4年目左腕がまずは一つ歩を進めた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング