1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 再起のシーズンで花 日本S初登板初完封

【Bレコード】OB編<13>斎藤隆
再起のシーズンで花 日本S初登板初完封

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年6月23日(火) 18:00

日本シリーズで2勝を挙げるなど日本一に貢献した斎藤=1998年、横浜
日本シリーズで2勝を挙げるなど日本一に貢献した斎藤=1998年、横浜

 1998年10月19日の日本シリーズ第2戦(横浜)。西武打線を3安打無失点に封じた斎藤隆は、「これが復活の年とは思えない」と驚きを隠さなかった。当時28歳、シリーズ史上9人目となる初登板初完封の偉業だった。

 右肘を手術して長期離脱し、4月29日の広島戦(横浜)で583日ぶりの白星を挙げた再起のシーズン。優勝マジックを「1」として迎えた10月8日の阪神戦(甲子園)も先発起用に応え、38年ぶりのリーグ制覇に花を添えた。

 先発を告げられたのは当日の朝。ホテルの部屋のドアの前には監督の権藤博がいた。「後半戦は軸になって投げてくれたから、おまえで行く」。感極まりながらウオーミングアップし、猛虎打線を相手に7回3失点と粘投。この年、野村弘樹と並んで13勝を挙げ、カムバック賞に選出された。

 2006年には米大リーグのドジャースに移籍。「オールド・ルーキー」と呼ばれ、メジャー5球団を渡り歩いた。45歳で引退するまで日米通算112勝96敗139セーブ。今季はヤクルトの投手コーチに就任し、後進の指導に当たる。権藤の教えで自身の座右の銘にもする「KILL OR BE KILLED(やるか、やられるか)」の精神を、きっと若い投手陣に伝えているはずだ。

こちらもおすすめ

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

スポーツに関するランキング

    アクセスランキング