1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 「質のいい球投げられた」 桜井、1失点で示す〝修正力〟

練習試合
「質のいい球投げられた」 桜井、1失点で示す〝修正力〟

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年6月12日(金) 05:00

横浜DeNA3-1巨人

横浜DeNA
101 000 010|3
100 000 000|1
巨人
(特別ルール)


3回途中1失点と踏ん張った先発の桜井=東京ドーム
3回途中1失点と踏ん張った先発の桜井=東京ドーム

 横浜DeNAは11日、東京ドームで巨人と練習試合を行い、3─1で勝った。先発した3年目桜井は3回途中1失点で修正力の高さを示した。以降は6投手が零封リレーで締めた。打線は、初回にオースティンの犠飛で先制すると、八回には代打柴田が貴重なソロ本塁打を放ち、バットでの勝負強さをアピールした。

開幕ローテへ前進

 開幕ローテーションを争う桜井の安定感が投げるたびに増している。3回途中3安打で1失点。中3日の登板のため50球を超えて降板したが、「途中から自分のリズムを取り戻せた」と修正能力で成長の跡を見せた。

 「テンポを上げていこう」。戸柱のアドバイスを受け、二回は投球間隔を意識的に早めた。23球を要した初回とは一転、2奪三振と立ち直った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

桜井周斗(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング