1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 佐野2戦連発大暴れ 怖さ増す重量打線

練習試合
佐野2戦連発大暴れ 怖さ増す重量打線

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年6月11日(木) 05:00

横浜DeNA8-8巨人


【巨人―横浜DeNA】1回、佐野がレフトへ適時二塁打を放つ=東京ドーム
【巨人―横浜DeNA】1回、佐野がレフトへ適時二塁打を放つ=東京ドーム

巨人
201 010 202|8
321 100 100|8
横浜DeNA
(特別ルール)

 横浜DeNAは10日、東京ドームで巨人と練習試合を行い、8─8で引き分けた。先発した3年目の中川は2回2失点。2点リードの九回に登板した山崎が打ち込まれた。

 攻めては4番佐野が2戦連続本塁打を含む2安打3打点の活躍。七回にはロペスが左翼席へソロアーチを放った。

理想的な攻撃示す

 昨シーズン終盤まで優勝争いを繰り広げた巨人を相手に、リニューアルした重量打線が初回から襲い掛かった。

 前日から2、3番の打順を入れ替えたオースティン、ソトが連続四球で出塁。労せず得点圏へ走者を進めると、つなぎ役を自覚する佐野が初球から振り抜いた。

 打球は左中間を深々と破った。新4番の対外試合初タイムリーがさらに打線を勢いづける。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

佐野恵太(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング