1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 集大成Vへ(番外編) 最先端機器を味方に

2020春季キャンプ
集大成Vへ(番外編) 最先端機器を味方に

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年2月29日(土) 05:00

前方のモニターを見ながら左右の肩関節の柔軟性を測定する笠井
前方のモニターを見ながら左右の肩関節の柔軟性を測定する笠井

 来日4年目のパットンがブルペンで投球後、タブレット端末をのぞき込む。傍らにはコーチ研修で帯同していた米大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下のコーチの姿があった。

 今キャンプでは「種類は球界一」(チーム関係者)という最先端機器が導入された。右腕が使っていたのは「ラプソード」と呼ばれるデータ解析機器だ。


柔軟性や変化球測定

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング